小池知事の無策パフォーマンスに消えたコロナ対策費11億円

公開日: 更新日:

■狙いは都政批判の封じ込め?

 度が過ぎているのが広報費だ。都は今年度、コロナ対策の呼びかけと称し、TVやラジオ、ネット上に啓発広告を次々と出稿。小池知事自身やユーチューバーのヒカキンフワちゃんらが出演するCMの制作などに計11億1000万円を費やした。情報発信は結構だが、巨費を投じた効果が、はたしてあったのか。

 かるたを所管する総務局は「イラストなどを用いて分かりやすく伝えることができている」と強調。CMを担当する政策企画局も「ターゲットに応じた訴求に効果があった」と説明する。

 トップ同様、自己評価の高い組織のようだ。都議の上田令子氏はこう言う。

「大阪府の吉村知事や神奈川県の黒岩知事らは頻繁に情報番組に出演し、識者と議論をすることで情報発信しています。対策を呼び掛けるなら、CMでなくコストがかからない番組出演で十分。会見が中継されることもあるのですから、わざわざCM枠購入に都税を費やす必要はありません。逆に、コロナ禍で広告収入が細るメディア側は、都の出稿は願ってもない好機。都の巨費投入は、メディアの都政批判を封じる狙いがあるのではないか」

 批判封じのための都税流用なら、決して許されない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  4. 4

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  9. 9

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る