「老化細胞」死滅させ身体機能改善 東大ら研究チーム成功

公開日: 更新日:

 加齢に伴う体の衰えや病気などの原因の一つとされる「老化細胞」を死滅させることで、体の機能を改善させることに、東大医科学研究所の中西真教授らの研究チームがマウスの実験で成功した。論文は15日、米科学誌サイエンスに掲載された。

 細胞はストレスを受けると「老化細胞」へと変化し、加齢とともに体内に蓄積され、身体機能の低下や疾病を引き起こす。研究チームは、この「老化細胞」が「GLS1」というタンパク質が働かなくなると死滅することを突き止め、高齢のマウスにGLS1の働きを止める薬剤を投与。その結果、実際にマウスの「老化細胞」が死滅し、血糖値の異常や動脈硬化などの症状が改善することが確認できたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  9. 9

    静岡放送社長の勘違い…女子アナとのW不倫疑惑で開き直り

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る