小川彩佳アナという美人妻と結婚直後でも不倫する男のなぜ

公開日: 更新日:

「驚くような美人妻から夫の浮気調査を依頼されることはありますが」と都内の探偵事務所スタッフがこう続ける。

「さすがに新婚ホヤホヤで不倫というケースは、聞いたことがない。妻とは政略結婚で、別の本命の彼女と結婚後も続いていたなんてドラマみたいな話もなくはないですけど……一般的には出産を機に妻が夫をかまわなくなったとか、結婚して5年、10年経って関係が冷えてきたとか、それなりの理由があるもの。そういう意味では、豊田氏の不倫騒動はレアケースかもしれません」

 小川アナは20年7月に第1子を出産と、夫婦仲は良好だったことをうかがわせる。それだけに「なぜ?」だ。

 男女問題に詳しいライターの日々晴雨氏は「あくまで一般論ですが」と前置きしてこう言う。

「女性を口説き落とすまでが楽しいと豪語するモテ男はいます。小川アナのようなハイスペックな女性を落とすと、自信を深めて二股、三股と拍車がかかったりもする。ただそれも20代で飽きて、30代も半ばを過ぎれば、ましてや結婚すれば、しばらくは落ち着くもの。いい大人になってもそういう生活を続けたいという男性は、そもそも結婚なんてしません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る