杏&東出が共演?松本潤主演「どうする家康」で名前挙がる

公開日: 更新日:

 2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」の主演は嵐・松本潤(37)に決まった。グループの活動休止後、松潤はしばらくの間は後輩たちのショーの演出など“裏方”に回るのではないかとみられていたため、関係者の間に驚きが広がっている。

 NHKの発表後、改めてその周辺を取材すると、脚本家・古沢良太氏(47)が「主演は松本潤さんでお願いしたい」とプロデューサーに強く訴えていたこと、親友・小栗旬(38)が「大河の仕事は本当に楽しいぞ!」と松潤の背中を押していたことが分かった。古沢氏が思い描く家康像は、カリスマでも天才でも野心家でもない弱く繊細で頼りないプリンス――。それを表現するため、松潤は絶対に欠かせないと古沢氏は主張し続けたという。

 もっとも、23年大河のサプライズは松潤の主演にとどまらない。脇を固める出演者は随時発表されていくが、その中には古沢作品でお馴染みの名前が既にリストアップされている。そこには昨年8月に離婚を発表した杏(34)と東出昌大(32)の名前も並んでいるという。

「『コンフィデンスマンJP』シリーズの脚本家である古沢氏は東出さんと面識があります。昨年の不倫騒動で痩せ細っていく彼をテレビ画面で見た古沢氏は、映画関係者を通じて『どんなことがあっても役者を続けてほしい』と励ましの言葉を送ったそうです」(民放関係者)

 古沢氏は、杏が初めて主演した“月9ドラマ”「デート~恋とはどんなものかしら~」(フジテレビ系)の脚本も手掛けた。杏の演技を見た古沢氏は「こんなにしっかり役をつくり込める女優だとは……」とうなったと聞く。つまり、東出も杏も古沢氏にとっては大切な役者であり、一世一代の大仕事を前に声を掛けないはずがないというわけだ。

朝ドラ「ごちそうさん」以来

 もし杏と東出が共演することになれば、13年下期に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」以来、実に10年ぶりのコンビ復活となる。

「2人にとって再共演の障害はほとんどないと思います。昨年の離婚発表直後から、杏は『(東出には)仕事をとにかく頑張ってほしい』と漏らしていました。ダメ亭主で3児の父親としては失格でしたが、俳優としての実力は高く評価しているのでしょう。杏は周囲に『万が一、東出から共演のオファーが来ても絶対に断らないでくださいね』とお願いしているともいいます。NHKの演出スタッフが勝手に忖度しない限り、元夫婦の再共演の可能性は高いと思います」(女性誌記者)

 もし東出と杏の共演が実現したとしたら、ファンがハラハラするようなキャスティングになりそうだ。さすがに夫婦役はないだろうが、古沢氏はそれに近い設定でもさりげなく描くことができる力量のある脚本家だ。

 松潤の主演だけでなく、「どうする家康」の追加キャストの発表から目が離せない。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る