NHK「五輪反対」の声を消音…聖火リレー“忖度配信”に批判

公開日: 更新日:

 東京五輪の聖火リレーで、NHKが「五輪反対」と声を上げた人々の音声を消去し、反五輪団体が「意見表明の自由はある」と不信感を募らせている。

 問題となったのは1日夜、ネットでライブ配信された長野市内の聖火リレー映像。7人目の走者が出発して約1分後に「オリンピック反対」「オリンピックいらないぞ」との声が聞こえた後、突然音声が消えた。無音状態は約30秒間続き、その後徐々に戻った。

 声を上げたのは、長野市民らの団体「オリンピックいらない人たちネットワーク(復刻)」。リーダーの染物業・江沢正雄さん(71)によると、同日は10人ほどで抗議。

 江沢さんは配信を見た人からの指摘で音声が消されているのに気付き16日、NHK側に抗議し、調査を求めた。

 NHKは「聖火ランナーの方々への配慮も含めさまざまな状況に応じ判断した」とするが、立教大の服部孝章名誉教授(メディア法)は「放送をゆがめる行為で、五輪を傷つけないよう忖度したとみられても仕方ない」と厳しく批判した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  9. 9

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る