入試問題でわかる「最難関私立中」が欲しがる子供のタイプ

公開日: 更新日:

 中学入試の問題は、近年大きく変わろうとしています。大学入試改革にさきがけて、すでに一部の中学校では、「思考力・判断力・表現力」が問われる問題にシフトしていて、今年は特に、塾や市販のテキストには見られない問題が数多く出題され、話題になりました。

 このように、大量の問題を素早く、機械的に解くのに必要なテクニックだけでは通用しづらい状況になりつつあります。こうしたテクニック型とは正反対の、自分で書き出しながら問題の本質を視覚的、身体的に理解し答えを導き出す、深く考える勉強法がこれからますます重要になると思います。

 中学受験を終えた子供が陥りやすいのが、燃え尽き症候群です。身につけた表層的な受験テクニックは、受験を終えた後の人生に何も残さないことが多く、こうした入試傾向の変化は、確実に子供の将来の財産になるので歓迎すべきものだと、私は思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る