安田賢治
著者のコラム一覧
安田賢治大学通信常務取締役、情報調査・編集部ゼネラルマネージャー

兵庫県生まれ、早稲田大学卒業後、1983年大学通信入社。現在、常務取締役で出版編集とマスコミへの情報提供の責任者。小中高入試から高校の大学合格実績、大学生の就職までの情報提供と記事を執筆。講演も多数。大正大学人間学部で講師も務める。著書に「中学受験のひみつ」(朝日出版)、「笑うに笑えない大学の惨状」「教育費破産」(ともに祥伝社)がある。

<3>学部人気にも明暗…景気悪化時と同現象の“理高文低”がはっきり

公開日: 更新日:

 今年の入試では、コロナ禍で学部人気にも影響があった。

 理系の人気が高く、文系の人気が低い“理高文低”の傾向がはっきりしたのだ。これは景気が悪くなってきた時に見られる現象だ。今はコロナ不況の到来がいわれている。今年の大学生の新卒採用でも、業種別では、女子学生に人気の高いCAを含む航空や、旅行、デパートなどで採用数を減らしている。

 すでにAIの導入で採用を絞っているメガバンクをはじめとする銀行なども含めれば、女子の就職が厳しくなってきていることが読み取れる。

 今の高校生は4年後の就職を考えながら、大学・学部を選ぶ。高校でキャリア教育が進み、自分の将来を思い描きながら大学進学を考えている。そのため4年後とはいえ、将来の就職状況が受験生の学部人気にも大きな影響を与える。不況となれば人気学部も変わり、国家資格に結びついた医療系の学部・学科が人気になる。今年も看護、理学療法士や臨床検査技士などを目指す医療技術系、医、薬学部などが人気になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

  2. 2
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  5. 5
    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

もっと見る

  1. 6
    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

  2. 7
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  3. 8
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  4. 9
    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  5. 10
    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!