コラムニストの小田嶋隆さんが死去 反権力の立場から鋭い社会批評

公開日: 更新日:

  反権力の立場で世相を斬る論客として知られた、コラムニストの小田嶋隆さんが24日亡くなった。65歳だった。

 東京都出身。早大を卒業後、食品メーカー勤務などを経て、パソコンのマニュアルを書くテクニカルライターとして活動。その後、月刊誌「噂(うわさ)の真相」(休刊)など、さまざまな媒体でコラムを執筆し、反権力の立場から鋭い社会批評を繰り広げた。

 日刊ゲンダイにも、第二次安倍政権菅政権などで表面化した様々な問題点について論評を寄せた。

《安倍氏は国会で自信満々に答弁し、野党議員に説教までしていた。その発言が虚偽だったのです。国会で嘘をつくなんて、政治家として終わっている。普通なら恥ずかしくて、議場に座っていられない。すぐにでも議員辞職するような話ですよ。ところが、安倍氏は平然としている。国民の側が政治に対する失望に慣らされ、嘘がまかり通るようになってしまった面もあると思います。底知れぬ政治腐敗を覚えます》

《自助、共助、公助はあくまで『下から』の言葉であり、公の人間が上から押しつけるべきではない。菅氏は政治理念を聞かれ、この言葉をパネルに掲げましたが、税金節約以外に国家観も理念もないのでしょう。『そして絆』も上から強要すれば、封建時代の村八分や戦時中の隣組と同じになる。異端者排除に結びつきかねない恐ろしい発想です》

《こわいのはわれわれが愛国者になることではなくて、愛国者のふりをしないと孤立するような社会がやってくることだ》(超・反知性主義入門)

 お悔やみ申し上げたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?