更年期障害に苦しむ8割の女性が受診せず我慢…夫の「今まで通り」と埋まらない溝

公開日: 更新日:

 ウチのカミさん、最近イライラがひどくて──中高年の世間話でこんな内容がテーマになると、更年期障害をイメージするかもしれない。このほど厚労省が初めて更年期障害について調査したところ、女性がかなりガマンを重ねている実態が浮き彫りになった。

 ◇  ◇  ◇

 更年期は、女性の閉経前後で、一般に40代後半から50代前半を指す。その期間に女性ホルモンの分泌が上下動を伴いながら減っていき、それによってほてりや発汗、動悸、頭痛、冷え、疲れやすさなどの身体症状のほか、イライラ、意欲低下、うつなど精神症状が現れるのが更年期症状で、それらの症状で日常生活に支障をきたすのが更年期障害だ。

 男性も、40代くらいから男性ホルモンの分泌が減り、女性と同じような症状に加え、朝勃ちの回数や性欲の低下、ヒゲの伸びが遅くなるといった症状も見られる。男性の場合、女性と区別してLOH(加齢男性性腺機能低下)症候群と呼ばれることもある。

 どちらもなんとなく耳にしたことはあるかもしれないが、厚労省の調査結果はそうではない現実を突きつける。対象は、20~64歳の女性2975人と男性2025人の5000人。今年3月末にネットで行った。

 意外なのは、更年期障害についてある程度、予備知識があると思われる女性の結果だ。更年期障害の可能性があると考えている女性の割合は、40代が3割、50代が4割。驚くのはそこからで、症状が1つでもある人に受診の有無を尋ねると、40代、50代とも8割が受診していなかった。

 前述した症状は、個人差が大きく嵐のようにつらい毎日を過ごす人もいれば、閉経前と変わらない程度の人もいる。更年期障害を疑った3~4割が、どれくらいの症状かは不明だが、みな“ベタ凪状態”とは考えにくく、未受診の8割の中には、ガマンを重ねている人が相当数いるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか