米消防隊員が子猫をペプシコの自販機の中から救出…付いた名前は当然「ペプシ」?

公開日: 更新日:

 米国で自販機の中から出られなくなった子猫の“救出劇”が話題になっている。

 テネシー州モリスタウンのウォルマートで働くリンジー・ラッセルさんは6月29日、お昼休みに職場近くのペプシコの自販機から猫の鳴き声が聞こえることに気がついた。

 あれこれ試したが、どうやっても助け出すことができなかったため、モリスタウン消防局に通報して事情を説明。

 動物の緊急事態には出動しない消防局もあるが、モリスタウン消防局は快く複数の隊員を現場に急行させた。

 隊員たちはまず自販機の電源コードを抜き、背後の扉を外したが猫の姿は見えない。別の扉を外すと、灰色の子猫が見えた。隊員たちは自販機の奥に丸まった子猫をあやしながら、救出した。

 リンジーさんは、その場で子猫を飼うことを即断。隊員たちは「名前は当然『ペプシ』だよな」とジョークを飛ばしていたという。

 モリスタウン市当局はフェイスブックに、ペプシコの自販機の前でニッコリと笑うリンジーさんと子猫の写真を投稿。救出の詳細を説明し、職務の範囲を超えて子猫を救った隊員たちに感謝の言葉を送った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍