日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファン1000万人割れのパチンコ業界に“救世主”登場か?

 パチンコ・パチスロファンが、ついに大台を割ってしまった。日本生産性本部による今夏発行の「レジャー白書」によれば、ピークの1995年に2900万人いたパチンコ参加人口が13年にはついに970万人と、初めて1000万人を切った。これは統計開始以来、最も低い数字だ。

「ファン離れの大きな原因は、ソーシャルゲームにお金を使う若者がパチンコをしなくなったからともいわれますが、それに加えて、パチンコは以前よりなかなか勝てなくなっていることも一因です」(経済ジャーナリスト)

 背景には、パチンコメーカーとパチンコ店が“一枚岩”になれない現状がある。

 メーカーは、ホールで長く楽しく遊んでもらうことがファン拡大につながるしリピーターも増えるから、ほど良くファンを勝たせるべきと考えているが、パチンコ店側の思惑はむしろ逆。自分たちの利益を確保するためにお客にお金を使わせるだけ使わせ、〝大当たり〟は減らしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事