ファン1000万人割れのパチンコ業界に“救世主”登場か?

公開日:  更新日:

 パチンコ・パチスロファンが、ついに大台を割ってしまった。日本生産性本部による今夏発行の「レジャー白書」によれば、ピークの1995年に2900万人いたパチンコ参加人口が13年にはついに970万人と、初めて1000万人を切った。これは統計開始以来、最も低い数字だ。

「ファン離れの大きな原因は、ソーシャルゲームにお金を使う若者がパチンコをしなくなったからともいわれますが、それに加えて、パチンコは以前よりなかなか勝てなくなっていることも一因です」(経済ジャーナリスト)

 背景には、パチンコメーカーとパチンコ店が“一枚岩”になれない現状がある。

 メーカーは、ホールで長く楽しく遊んでもらうことがファン拡大につながるしリピーターも増えるから、ほど良くファンを勝たせるべきと考えているが、パチンコ店側の思惑はむしろ逆。自分たちの利益を確保するためにお客にお金を使わせるだけ使わせ、〝大当たり〟は減らしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る