ファン1000万人割れのパチンコ業界に“救世主”登場か?

公開日: 更新日:

 パチンコ・パチスロファンが、ついに大台を割ってしまった。日本生産性本部による今夏発行の「レジャー白書」によれば、ピークの1995年に2900万人いたパチンコ参加人口が13年にはついに970万人と、初めて1000万人を切った。これは統計開始以来、最も低い数字だ。

「ファン離れの大きな原因は、ソーシャルゲームにお金を使う若者がパチンコをしなくなったからともいわれますが、それに加えて、パチンコは以前よりなかなか勝てなくなっていることも一因です」(経済ジャーナリスト)

 背景には、パチンコメーカーとパチンコ店が“一枚岩”になれない現状がある。

 メーカーは、ホールで長く楽しく遊んでもらうことがファン拡大につながるしリピーターも増えるから、ほど良くファンを勝たせるべきと考えているが、パチンコ店側の思惑はむしろ逆。自分たちの利益を確保するためにお客にお金を使わせるだけ使わせ、〝大当たり〟は減らしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る