法人減税の負担は庶民へ 「携帯税」の次は「パチンコ税」浮上

公開日: 更新日:

 代替財源を決めないまま法人税を引き下げる方針を決定した安倍政権が、いま、財源探しに躍起になっている。突如、持ち上がった「携帯電話税」に続き、今度は「パチンコ税」まで浮上。法人税減税で大企業を喜ばせる一方で、取りやすい庶民から搾取するつもりだ。
 パチンコ税は会期末ギリギリに審議入りしたカジノ法案に合わせて浮上したもの。
 パチンコ業界は市場規模20兆円といわれる。税率1%でも2000億円の税収になると、政府・自民党はソロバンをはじいている。

 現在、パチンコは風営法で直接の換金が禁じられているため、いったんホールで景品をもらったあと、景品交換所で現金を受け取る“3店方式”になっている。税金をかけるとなれば、当然、合法化が必要になる。
 具体的には、合法化してホールでの換金を認めたうえで店が納税する方式や、景品交換所から徴収する方式などが検討されているというが、いずれにしろ、新たに税金が課せられたら、換金率が悪くなり、間接的に客が税金を払うことになるのは明らかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る