クレカからパチンコまで…知っておきたいサービス系負担増

公開日: 更新日:

 4月の消費増税。案外、見逃しがちなのが手数料や年会費などの負担増だ。

「クレジットカードの年会費もアップします。初年度の年会費無料につられ、カードを保有している人も多いようです。こうした人は、消費増税を機に整理したほうがいい。クレジットカードは1枚か2枚持っていれば十分でしょう」(ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏)

 年会費3150円のカードなら、3240円にアップ。負担増は90円程度だが、使っていないカードに年会費を支払うのはもったいない。年会費永年無料は別として、眠っているクレジットカードを確認したほうがいい。

「スポーツクラブの会費も値上がりします。毎月支払うところが多いので、かなりの負担増になるかもしれません」(紀平正幸氏)
 月会費1万500円だと、1万800円にアップする。毎月の上昇分は300円ながら、年間では3600円の負担増だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  4. 4

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  5. 5

    何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

  6. 6

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  7. 7

    しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

  8. 8

    問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    広瀬すずも「のん」の二の舞か…ギャラ“最高”も尽きぬ不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る