• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クレカからパチンコまで…知っておきたいサービス系負担増

 4月の消費増税。案外、見逃しがちなのが手数料や年会費などの負担増だ。

「クレジットカードの年会費もアップします。初年度の年会費無料につられ、カードを保有している人も多いようです。こうした人は、消費増税を機に整理したほうがいい。クレジットカードは1枚か2枚持っていれば十分でしょう」(ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏)

 年会費3150円のカードなら、3240円にアップ。負担増は90円程度だが、使っていないカードに年会費を支払うのはもったいない。年会費永年無料は別として、眠っているクレジットカードを確認したほうがいい。

「スポーツクラブの会費も値上がりします。毎月支払うところが多いので、かなりの負担増になるかもしれません」(紀平正幸氏)
 月会費1万500円だと、1万800円にアップする。毎月の上昇分は300円ながら、年間では3600円の負担増だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る