日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト江上剛さん<上>井伏鱒二先生には可愛がってもらった

 今回のゲストは作家でTVコメンテーターとしてもおなじみの江上剛さん。精力的な執筆活動を続け、最新作は離島を舞台に長官の特命を帯びた金融捜査官の活躍を描いた「鬼忘島」(新潮社)。この作品の取材話、恩師・井伏鱒二氏との思い出、趣味のマラソンなど1時間半にわたって二木さんと熱く語り合った。

二木 最新作の舞台のモデルはどこでしょうか。

江上 沖縄の伊良部島です。離島だから閉鎖的かなと思っていたら大違い。地元の方は「先祖はいろんなところからやってきて島に受け入れられた。そうした文化で島ができてきた」とおっしゃる。こういう島に挫折した人間を配置したら変化が起きないか。それが構想の原点です。

二木 主人公は?

江上 金融庁長官の特命を帯びた金融捜査官で、彼自身も挫折を味わっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事