「浮気相手とならナマ」 今どき女性の仰天深層心理

公開日: 更新日:

 週末の23時台、京王線H駅から小田急線Y駅まで歩いていた時のこと。前から推定20代の女性が2人で歩いてきた。見た感じ、決して「遊んでいる」ふうではなく、どちらかというと「どこにでもいるお嬢さん」だ。辺りは静かな住宅街。2人の会話はハッキリと耳に飛び込んできた。

「生理なくてさぁ。絶対、彼氏じゃないんだよ~」

「わかる~」

「だって、彼氏とはコンドームするもん」

「だよね~」

「だからさぁ、できていたとしたら絶対、浮気相手」

「私も経験ある~」

 ……マジか?

 そこで周囲の20代女性に聞いてみると――。

「それ、わかります」と言うのは、化粧品会社で営業をする24歳のS子。付き合って5年目の彼氏がいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  9. 9

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る