• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

意外にも“堅い仕事”だった…妻に不倫されやすい夫の職業

 不倫のしやすさに職業は関係あるのか。15日付の本紙で、不倫しやすい“女性の職業”について調査した結果、ダントツに多かったのが「学校の先生」だった。多忙といわれる先生だが、夏冬春の長期休暇に加え、充実した産休・育休制度が不倫を助長している格好だった。

 では、不倫されやすい“夫の職業”というのはあるのか。浮気調査に定評がある探偵社「アヴァンス」の黒川靖文代表がこう言う。

「昔から長期で家を留守にする自衛官の妻の不倫は目立ちました。特に潜水艦乗りといった海上自衛官は任務の性質上、長期で、しかも帰港日が定かでなく、妻側にとって浮気に走りやすい土壌があった。ただ、最近の特徴としては、ある2つの職業が思いつきます」

 それは意外に堅い職業だという。

「まず、ここ2、3年で目立つのが、東京電力などの電力会社と、その関連企業に勤める男性の依頼です。男性から内情を聞くと、原発事故以降、単身赴任を伴う異動が格段に増えたとのこと。先日は、福島へ単身赴任している男性からの依頼がありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る