意外にも“堅い仕事”だった…妻に不倫されやすい夫の職業

公開日:

 不倫のしやすさに職業は関係あるのか。15日付の本紙で、不倫しやすい“女性の職業”について調査した結果、ダントツに多かったのが「学校の先生」だった。多忙といわれる先生だが、夏冬春の長期休暇に加え、充実した産休・育休制度が不倫を助長している格好だった。

 では、不倫されやすい“夫の職業”というのはあるのか。浮気調査に定評がある探偵社「アヴァンス」の黒川靖文代表がこう言う。

「昔から長期で家を留守にする自衛官の妻の不倫は目立ちました。特に潜水艦乗りといった海上自衛官は任務の性質上、長期で、しかも帰港日が定かでなく、妻側にとって浮気に走りやすい土壌があった。ただ、最近の特徴としては、ある2つの職業が思いつきます」

 それは意外に堅い職業だという。

「まず、ここ2、3年で目立つのが、東京電力などの電力会社と、その関連企業に勤める男性の依頼です。男性から内情を聞くと、原発事故以降、単身赴任を伴う異動が格段に増えたとのこと。先日は、福島へ単身赴任している男性からの依頼がありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る