強行派の批判の矛先は政治家とマスコミに

公開日: 更新日:

 5月31日の世界禁煙デー当日には、厚労省主催や医療団体が主催するイベントなどが開かれた。日本医師会館で開かれた「2017年世界禁煙デー記念イベント」には例年の3倍の参加者があったという。来賓として挨拶した自民党受動喫煙防止議連の山東昭子会長は法案の提出を巡る混乱について「法案を提出することが決定した、と報告する場になるはずだったが、残念ながらまだまとまっていない」と現状をわび、法案成立に向けての取り組み姿勢を強調した。イベントでは受動喫煙防止問題を巡る研究データの紹介や、受動喫煙防止の観点から見た阻害要因についてのシンポジウムなどが行われた。

 シンポジウムでは、阻害要因として一部の与党政治家とマスコミを挙げて、その姿勢を追及。業界とのしがらみがあるから、政治家は受動喫煙防止対策に消極的、マスコミは真実を報道しない、自分たちの主張をきちんと取り上げないということである。このあたりの主張はいつものことであるが、今国会への法案提出が絶望的となる状況を前に、いらだちを隠せなかったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る