強行派の批判の矛先は政治家とマスコミに

公開日: 更新日:

 5月31日の世界禁煙デー当日には、厚労省主催や医療団体が主催するイベントなどが開かれた。日本医師会館で開かれた「2017年世界禁煙デー記念イベント」には例年の3倍の参加者があったという。来賓として挨拶した自民党受動喫煙防止議連の山東昭子会長は法案の提出を巡る混乱について「法案を提出することが決定した、と報告する場になるはずだったが、残念ながらまだまとまっていない」と現状をわび、法案成立に向けての取り組み姿勢を強調した。イベントでは受動喫煙防止問題を巡る研究データの紹介や、受動喫煙防止の観点から見た阻害要因についてのシンポジウムなどが行われた。

 シンポジウムでは、阻害要因として一部の与党政治家とマスコミを挙げて、その姿勢を追及。業界とのしがらみがあるから、政治家は受動喫煙防止対策に消極的、マスコミは真実を報道しない、自分たちの主張をきちんと取り上げないということである。このあたりの主張はいつものことであるが、今国会への法案提出が絶望的となる状況を前に、いらだちを隠せなかったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る