• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強行派の批判の矛先は政治家とマスコミに

 5月31日の世界禁煙デー当日には、厚労省主催や医療団体が主催するイベントなどが開かれた。日本医師会館で開かれた「2017年世界禁煙デー記念イベント」には例年の3倍の参加者があったという。来賓として挨拶した自民党受動喫煙防止議連の山東昭子会長は法案の提出を巡る混乱について「法案を提出することが決定した、と報告する場になるはずだったが、残念ながらまだまとまっていない」と現状をわび、法案成立に向けての取り組み姿勢を強調した。イベントでは受動喫煙防止問題を巡る研究データの紹介や、受動喫煙防止の観点から見た阻害要因についてのシンポジウムなどが行われた。

 シンポジウムでは、阻害要因として一部の与党政治家とマスコミを挙げて、その姿勢を追及。業界とのしがらみがあるから、政治家は受動喫煙防止対策に消極的、マスコミは真実を報道しない、自分たちの主張をきちんと取り上げないということである。このあたりの主張はいつものことであるが、今国会への法案提出が絶望的となる状況を前に、いらだちを隠せなかったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る