2人のプロが解説 「死ぬまでSEX」デキる人とダメな人

公開日: 更新日:

「トイレのほかにソレ、使ってるか」――40代の記者は同僚にそう聞かれてふと思った。そういえば最近、セックスもオナニーもしていない。56歳で情事に励む渦中の船越栄一郎が羨ましい。AV男優の森林原人氏が言う。

「男性は30代を越えたら定期的に射精をしていないと、確実に精力が衰えます。40代、50代、60代と年を重ねてもデキる人は、常に実戦を重ねているからデキる。やっていない人は、泌尿器と性器を兼ね備えたペニスが泌尿器の役割しかしなくなるのです」

 いろいろな事情で“やらない”が積み重なって“やれなくなる”のが、50歳前後。男性ホルモンの分泌低下で、生物的にダメになる。男はそれを枯れたというが、射精して男性ホルモンの生成を促していると、その低下が抑えられる。枯れる人は自ら枯れたのだ。

 では、女性はいつまでできるか。性セラピストの玄斎氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る