• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2人のプロが解説 「死ぬまでSEX」デキる人とダメな人

「トイレのほかにソレ、使ってるか」――40代の記者は同僚にそう聞かれてふと思った。そういえば最近、セックスもオナニーもしていない。56歳で情事に励む渦中の船越栄一郎が羨ましい。AV男優の森林原人氏が言う。

「男性は30代を越えたら定期的に射精をしていないと、確実に精力が衰えます。40代、50代、60代と年を重ねてもデキる人は、常に実戦を重ねているからデキる。やっていない人は、泌尿器と性器を兼ね備えたペニスが泌尿器の役割しかしなくなるのです」

 いろいろな事情で“やらない”が積み重なって“やれなくなる”のが、50歳前後。男性ホルモンの分泌低下で、生物的にダメになる。男はそれを枯れたというが、射精して男性ホルモンの生成を促していると、その低下が抑えられる。枯れる人は自ら枯れたのだ。

 では、女性はいつまでできるか。性セラピストの玄斎氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る