• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2人のプロが解説 「死ぬまでSEX」デキる人とダメな人

「トイレのほかにソレ、使ってるか」――40代の記者は同僚にそう聞かれてふと思った。そういえば最近、セックスもオナニーもしていない。56歳で情事に励む渦中の船越栄一郎が羨ましい。AV男優の森林原人氏が言う。

「男性は30代を越えたら定期的に射精をしていないと、確実に精力が衰えます。40代、50代、60代と年を重ねてもデキる人は、常に実戦を重ねているからデキる。やっていない人は、泌尿器と性器を兼ね備えたペニスが泌尿器の役割しかしなくなるのです」

 いろいろな事情で“やらない”が積み重なって“やれなくなる”のが、50歳前後。男性ホルモンの分泌低下で、生物的にダメになる。男はそれを枯れたというが、射精して男性ホルモンの生成を促していると、その低下が抑えられる。枯れる人は自ら枯れたのだ。

 では、女性はいつまでできるか。性セラピストの玄斎氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る