頭が良くなると話題 「スマートドラッグ」は本当に安全か

公開日:

 薬物で逮捕される芸能人が相次いでいる。今月2日、俳優・橋爪功の息子が覚醒剤所持の疑いで逮捕され、先月24日には「KAT―TUN」の元メンバー・田中聖が大麻取締法違反でお縄になった。2人が手にしていたのは“本物”だったが、流行中の別の“ドラッグ”が「スマートドラッグ」と呼ばれるもの。「頭が良くなる」との触れ込みで使用者が増えているという。スマートドラッグとは何なのか。「芦屋JINクリニック」の神三矢院長に聞いた。

「集中力や記憶力を向上させる働きがあるとされるもので、欧米の学生の間で流行したものが、日本にも入ってきたのです。海外ではドラッグストアなどで市販されていて、簡単に入手できる。しかし、日本では未承認。個人輸入で使うケースがほとんどですが、まれに心療内科などで処方されることもあります」

 その代表が、「ピラセタム」「アニラセタム」「プラミラセタム」といった神経伝達物質の分泌を促す働きのある薬剤。認知機能の向上も期待でき、高齢者の認知症予防などにも応用される。学生たちのネットの書き込みをピックアップすると――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る