頭が良くなると話題 「スマートドラッグ」は本当に安全か

公開日: 更新日:

 薬物で逮捕される芸能人が相次いでいる。今月2日、俳優・橋爪功の息子が覚醒剤所持の疑いで逮捕され、先月24日には「KAT―TUN」の元メンバー・田中聖が大麻取締法違反でお縄になった。2人が手にしていたのは“本物”だったが、流行中の別の“ドラッグ”が「スマートドラッグ」と呼ばれるもの。「頭が良くなる」との触れ込みで使用者が増えているという。スマートドラッグとは何なのか。「芦屋JINクリニック」の神三矢院長に聞いた。

「集中力や記憶力を向上させる働きがあるとされるもので、欧米の学生の間で流行したものが、日本にも入ってきたのです。海外ではドラッグストアなどで市販されていて、簡単に入手できる。しかし、日本では未承認。個人輸入で使うケースがほとんどですが、まれに心療内科などで処方されることもあります」

 その代表が、「ピラセタム」「アニラセタム」「プラミラセタム」といった神経伝達物質の分泌を促す働きのある薬剤。認知機能の向上も期待でき、高齢者の認知症予防などにも応用される。学生たちのネットの書き込みをピックアップすると――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る