• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ジャーナリスト・津田大介さん<中>

二木 情報が氾濫するネットの世界の中で、人々は流されている感じがします。

津田 スマホの普及でネット上にはフェイクニュース、プロパガンダ、金儲けをもくろむ人々が流す情報などがあふれています。問題は、そうした情報を真に受けて影響を受けている多くの人たちですね。そうした人々が現政権を支え、弱者叩きの論調をつくっていくといった事態が起きています。そこに寄与しているのが若者の右傾化という文脈で語られることが多いのですが、若者は右傾化ではなく現状維持の傾向が強まっています。すごく不安定な時代になっているので現状維持になり、現政権を支持するという若者が多い。むしろ、確実に右の方向に振れているのは高齢者なのです。

二木 どういうことでしょうか。

津田 たとえば、石原さんが都知事だったころ、尖閣諸島を都が購入するという話が浮上し、寄付金が14億円集まりましたが、寄付したのはほとんどが高齢者でした。ガラケーからスマホに移行した高齢者が、ネットにあふれるジャンクな情報に触れ、右傾化していく事例が増えています。若者の現状維持思考とネットリテラシーのない高齢者の右傾化が今の状況を下支えしているのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る