周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年に私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院卒業。週刊誌上で中国事情について執筆するほか、情報番組やバラエティー番組にも出演。通訳・翻訳の派遣会社を経営する傍ら、ジャーナリスト、タレント、ユーチューバー(「地球ジャーナル ゆあチャン」)としても活動。

日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

公開日: 更新日:

 日本の警察は意外にも在日中国人、特に中国人観光客に人気である。片足をひざまずいて、乗用車のドライバーと目線を合わせ職務質問している動画が「それこそ市民の公僕だ」と褒め称えられSNSで拡散された。共産主義の中国では警察は絶対権力で民間人には上から目線が基本。日本とは雲泥の差がある。

 私は10年間司法通訳の仕事を通じ、延べ4桁ほどの刑事さんに出会った。彼らの存在は自分の人生に影響を与え、印象深い人たちが多かった。

 私に司法通訳という貴重な経験のチャンスを与えてくれた、マル暴のJ警部補。どちらが“マル暴”かわからないド派手な格好をしていたが、実は仕事熱心で勉強熱心。警察での語学研修をきっかけに英語の歌が趣味になり、今は定年してジャズシンガーに変身。第2の人生を謳歌している。彼の推薦がなければ貴重な体験はできなかったので感謝このうえない。

 司法通訳として初めての仕事現場で事件の捜査を指揮したY警視。明晰な頭脳と鋭い眼力で多くの事件を明快に解決。川崎で起きた密入国者による蛇頭殺人事件を調査するため、渡航して密入国者の地元に乗り込んだこともあった。スペシャリストとしてキャリアを積み、警視まで極めた。引退して故郷に戻ったが、今でも畏友として人生の先輩として親しく付き合いをさせてくれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」