深夜休止1100店 すき家は今度こそワンオペやめるのか

公開日: 更新日:

 今年の「ブラック企業大賞」の候補にノミネートされた牛丼チェーン大手の「すき家」。運営するゼンショーホールディングス(HD)は全店舗の6割弱に当たる1167店で「深夜営業」を休止すると発表した。

 接客から調理、片づけすべての仕事を店員が1人でこなす、「ワンオペ」と呼ばれる深夜時間帯に行われていた勤務体制を9月末までに解消すると表明していたが、人手が確保できず、深夜営業そのものを休止せざるを得なくなったという。

「ブラック企業対策プロジェクト」の佐藤学氏がこう言う。
「それにしても、すき家の労働環境はひど過ぎました。ワンオペは“ブラックバイト”の典型例です。有識者でつくるすき家の第三者委員会でも、<10時間もトイレに行けない><強盗事件が多発する><交代する人がいなくて2週間自宅に帰れない>といった過酷な労働環境が指摘されています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る