出資大幅減に加え…鴻海のシャープ買い叩きが止まらない

公開日: 更新日:

 2月中にも正式契約すると思われていた台湾・鴻海による“シャープ買収”は、いまだに決着を見ない。

 22日は、鴻海が出資額について、2000億円の減額を要求したと報じられた。シャープは1000億円程度の減額で調整しているもようだ。

「鴻海は4890億円の出資予定だったので、2000億円のディスカントはほぼ4割引きです。いくら何でも値切り過ぎでしょう」(市場関係者)

 鴻海は総額7000億円を投じる再建案で、ライバルの官民ファンド・産業革新機構を蹴落とした。ところが、偶発債務(将来発生しかねない債務)問題が急浮上し、鴻海の郭台銘会長は正式契約を先延ばしした。

「偶発債務は最大で3500億円といわれましたが、精査した結果は数百億円規模といいます。売上高15兆円を誇る鴻海にとっては大した金額ではないでしょう。それなのに郭会長はのらりくらりで、次々と新たな要求を突き付けてくる。値切るだけ値切ってやるという意図が透けて見えます」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る