好きなことで稼ぐ 月1万円の収入増で新しい体験ができる

公開日: 更新日:

【ネット副業の時代】<上>

「ネットで検索するのは答えが知りたいからです。サイトで悩みの解決を促してあげることが大事です。そしてもし、私の記事の先にいる企業がその悩みを解決してくれるのならば、その企業の広告がクリックされて収益になるのです」

 複数のサイトを運営してアドセンス(クリック型広告収入)で会社員の何倍も稼ぐのんくらさんは淡々と分析する。

 しかし、アドセンスで稼ぐ「アドセンサー」の道のりは甘くはない。ギター講座のサイトで副収入を得ているa―kiさんは忠告する。

「アドセンスを申請してグーグルからの承認を受けるには、十分な量のコンテンツ(内容)が必要。半年はかかると思って記事をためてください。ただし、最初からアドセンスで収益を上げられる人はいません。ブログで好きなことだけを書いていても読まれませんから。読み手が役に立ったと思えないコンテンツは評価されません。それがグーグルの方針でもあります。サイトは専門的に小さくやって反応を見る。読まれないブログは直せばいいんですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る