佐川洋一
著者のコラム一覧
佐川洋一税理士・元国税調査官

税理士(元国税調査官)。財務省主税局及び国税庁勤務のほか、税務署調査筆頭部門統括国税調査官を歴任。二十数年在勤した後に退官し、現在は東京や関東圏の法人経営者や個人事業主向けに税務調査の立ち会い・相談に特化した税理士事務所(東京・渋谷区)を運営。(https://www.zeimutyousa.jp/)

「エア副業」は重い脱税行為 35%の重加算税が賦課される

公開日: 更新日:

 2018年分の所得税の確定申告の受け付けが3月15日まで、全国の税務署などで行われている。18年は「副業元年」ともいわれ、副業を始めたサラリーマンが初の確定申告を迎えるケースも少なくないだろう。ネットを利用した売買や仮想通貨取引などで収入を得る機会も増える中、「これぐらいならバレないだろう」と安易に考えると大変なことになる。元国税調査官が申告の“落とし穴”を明かす。

 副業解禁を認める企業が増えたためか、私の事務所にも最近、副業に関する相談が多くなりました。実際に副業を行っていれば何ら問題ないのですが、ここで気を付けていることがあります。

 一昔前、ある経営コンサルタントが脱税指南の手口で多用した「エア副業」です。

「エア副業」とは、架空の副業で赤字が生じたように装い、還付申告をすること。例えば、給与所得1000万円のサラリーマンが「エア副業」によって事業所得で1000万円の赤字が出たことにすると、損益通算の結果、会社に天引きされた源泉所得税が全額還付されることになるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る