柏木理佳
著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年生まれ。生活経済ジャーナリスト。城西国際大学院国際アドミニストレーション研究科准教授。MBA(経営学修士)取得後、育児中に桜美林大学大学院にて社外取締役の監査・監督機能について博士号取得。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「デキる女にはウラがある」(あさ出版)など多数。

年収1000万円でも 本当に授業料ゼロになる私立高校はココ

公開日: 更新日:

 私立高校に通う生徒の割合はどのぐらいか知っていますか。全国では3割ですが、東京都では5割に達しています。そのうち半数が、公立の中学から私立高校に進んでいます。

 最近は中高一貫校が人気ですが、東京都の場合、麻布、武蔵のように中高一貫校は、3割しか高校からの入学ができません。中でも系列大学のある有名校に人気が集中しますが、こうした学校は学費(初年度)も高いのです。玉川学園、成城学園、法政、中央、早稲田実業、青山学院、明治、立教など100万円を超える高校はザラです。

 東京都などでは都内在住で世帯収入が760万円未満の保護者を対象に、年間授業料の平均額44万9000円を上限に補助しています(国の補助分との合計)。私立授業料の無償化です。

 鶴川高校(東京都町田市)は、補助金を利用すれば授業料(約40万円)の実質負担はゼロになります。淑徳、拓殖大学紅陵、志学館、平塚学園など比較的安めの授業料を設定している高校では、ほとんど無償になると考えていいでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

もっと見る