杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

米国IPOブームに乗る…6月上場のパーソナリスを狙う

公開日: 更新日:

 米国は目下、IPO(株式公開)ブームである。NY市場、ナスダック市場には“新人”が次々に登場している。

 2019年のIPO件数は200社(18年は195社)前後を維持するだろう。

 アマゾン・ドット・コムは上場後の安値から、その後の高値までの上昇率は1561倍になった。仮に、上場後の安値近辺で100万円を投資したとすると、ピーク時の資産は15億6100万円に膨らんだ計算になる。実に、15億6000万円の利益である。

 現在、FANGなどと称されるビッグカンパニーの勢いは鈍っている。このため、“新”成長株を探そう、とのムードが高まっているのだ。それに、米国のIPOは冷静に始まる。

 そう、初値が公開価格の2~3倍になるのが普通の日本のIPOとは違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る