重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

百貨店不況が直撃…4期連続営業赤字の三陽商会に救いは?

公開日: 更新日:

 まさに「バーバリーロス」とでもいったところか。基幹ブランドを失ったアパレル大手、三陽商会がもがき苦しんでいる。10月末には2020年2月期(決算期変更で14カ月の変則決算)が4期連続の営業赤字に陥ることを発表。業績低迷により、2代続けて社長が引責辞任する事態に追い込まれた。三陽商会が当時、売上高の半分を占めるといわれていた英国の高級ブランド「バーバリー」のライセンス契約を打ち切られたのは15年6月のこと。それでも同社では当初、16年12月期こそ20億円の営業赤字に転落するものの「マッキントッシュロンドン」をはじめとした後継ブランドの育成が功を奏し、17年12月期には20億円の黒字に転換。18年12月期には黒字幅が50億円に拡大するとのシナリオを描いていた。

■売り上げの約7割を百貨店ルートに依存


 だが、突き付けられた現実は厳しかった。16年12月期の営業赤字は84億円と計画の4倍超に膨張。この間、ブランド喪失直前を含めて3度にわたるリストラを実施したものの、17年12月期も19億円、18年12月期も21億円の赤字に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る