ユニクロ“オシャレ雑誌”創刊で中高価格帯アパレル戦々恐々

公開日: 更新日:

 ユニクロやZARAなど、企画から生産、販売を一貫して行うSPA(製造小売り)が低価格高品質を武器にアパレル業界を席巻。百貨店などに入っていたアパレル企業が大きな打撃を受けてきた。ここにきて、さらなる地殻変動が起ころうとしているという。

「ユニクロが年2回フリーマガジンを発行することになり、先月リリースされた創刊号(秋冬号)が今、話題になっています。この媒体で紹介されているアイテムが中高価格帯ブランドの商品とかぶる上、当然ユニクロの方が安いわけですから、かなり危機感を持っています」(大手アパレル関係者)

 このフリーマガジン「LifeWear magazine」は、雑誌「ポパイ」(マガジンハウス)の元編集長、木下孝浩氏がユニクロに移籍し、クリエイティブディレクターに就任し実現したものだ。木下氏は2012年にポパイの編集長に就任。“チープシック”“シティーボーイ”といった路線で「ポパイ」人気を復興させたやり手編集者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る