ユニクロ“オシャレ雑誌”創刊で中高価格帯アパレル戦々恐々

公開日: 更新日:

 ユニクロやZARAなど、企画から生産、販売を一貫して行うSPA(製造小売り)が低価格高品質を武器にアパレル業界を席巻。百貨店などに入っていたアパレル企業が大きな打撃を受けてきた。ここにきて、さらなる地殻変動が起ころうとしているという。

「ユニクロが年2回フリーマガジンを発行することになり、先月リリースされた創刊号(秋冬号)が今、話題になっています。この媒体で紹介されているアイテムが中高価格帯ブランドの商品とかぶる上、当然ユニクロの方が安いわけですから、かなり危機感を持っています」(大手アパレル関係者)

 このフリーマガジン「LifeWear magazine」は、雑誌「ポパイ」(マガジンハウス)の元編集長、木下孝浩氏がユニクロに移籍し、クリエイティブディレクターに就任し実現したものだ。木下氏は2012年にポパイの編集長に就任。“チープシック”“シティーボーイ”といった路線で「ポパイ」人気を復興させたやり手編集者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る