今や16県が「県内に1つ」“百貨店ゼロ県”徳島の次はどこだ

公開日: 更新日:

 セブン&アイHDが大リストラに乗りだす。スーパーのイトーヨーカ堂は不採算の33店舗の閉鎖を検討し、コンビニのセブン―イレブンも約1000店舗の閉鎖・移転を実施する。

「衝撃だったのはそごう・西武の店舗閉鎖です。閉鎖する5店舗の中に『そごう徳島店』が含まれていました。来年8月の閉店予定ですが、そうなると徳島県は全国初の百貨店ゼロ県になります」(大手百貨店関係者)

 百貨店の衰退が叫ばれて久しいが、それでも47都道府県には例外なく百貨店は存在していた。ところが、ついに「百貨店空白県」が出現してしまうのだ。

 日本百貨店協会によると、全国百貨店売上高(年間)のピークは1991年で約9兆7130億円。その後、売り上げ減少は続き、2000年には「そごう」が経営破綻した。坂道を転がり落ちるかのように百貨店の売上額は縮小し、16年には6兆円を割り込んだ。18年の売上高も5兆8870億円(前年比マイナス1・1%)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

もっと見る