櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

「イーソル」人工衛星にも使う組み込みシステムで存在感

公開日: 更新日:

 イーソル(4420)は1975年創業で、組み込み機器に特化したOSの開発・販売が中核。高信頼かつ高性能の組み込みOS・開発環境・各種ミドルウエアを自社開発販売している。

 デジタルカメラなどの情報家電製品から車載情報機器や人工衛星システムにいたるまで、数多くの組み込みシステムに採用されている。幅広い分野における電子機器向けの自社製ソフトウエア、RTOS(リアルタイム・オペレーティング・システム)の開発・販売、受託開発が特徴だ。

 また組み込み技術の応用市場としての流通・物流業界においても、指定伝票発行用車載プリンター、耐環境ハンディーターミナルなどの製品企画および販売を行い評価が高い。冷菓・冷凍食品市場、食肉市場および物流市場などがメインフィールドだ。

 同社の使命は「革新的なコンピューターテクノロジーによって市場を創造し 社会を豊かにすること」。そして目標は「世界中で活躍する世界トップクラスのテクノロジーカンパニー」。社名である「eSOL(イーソル)」のeはエクセレンス(卓越性の追求)、Sはスピード重視、Oはオーナーシップ(当事者意識)、Lはリンク(絆)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る