ウェブで交渉 不動産フリマサイトは空き家問題の救世主か

公開日: 更新日:

 今から13年後の2033年、日本の空き家率は30・2%、空き家戸数は2146万戸(野村総合研究所調べ)になる見通しで、2018年と比べるとそれぞれ2倍前後で推移する。そんな中、引き取り手のいない空き家の持ち主と買い主、借り主を直接つなげるサービスが始まった。

 従来は持ち主が不動産会社に依頼して、広告媒体などを通じて買い主や借り主を探し成約にこぎつけるが、「家フリマ」は不動産会社を通さずに売り主と買い主や借り主がウェブ上で直接交渉を行う仕組みだ。家フリマの田中裕治さんに話を聞いた。

「売却の場合、不動産会社の仲介手数料は通常、売買価格×3%+6万円かかりますが、価格がつかないような空き家だと、手間は通常の不動産と変わらないのに仲介手数料が稼げないため、担い手がなかなかいませんでした。すでに空き家バンクなどがありますが、運営する自治体によって力の入れ具合がさまざまだったり、老朽化した物件や農地の取り扱いがなかったりと利便性がいいとは言えない状況です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

もっと見る