ウェブで交渉 不動産フリマサイトは空き家問題の救世主か

公開日: 更新日:

 今から13年後の2033年、日本の空き家率は30・2%、空き家戸数は2146万戸(野村総合研究所調べ)になる見通しで、2018年と比べるとそれぞれ2倍前後で推移する。そんな中、引き取り手のいない空き家の持ち主と買い主、借り主を直接つなげるサービスが始まった。

 従来は持ち主が不動産会社に依頼して、広告媒体などを通じて買い主や借り主を探し成約にこぎつけるが、「家フリマ」は不動産会社を通さずに売り主と買い主や借り主がウェブ上で直接交渉を行う仕組みだ。家フリマの田中裕治さんに話を聞いた。

「売却の場合、不動産会社の仲介手数料は通常、売買価格×3%+6万円かかりますが、価格がつかないような空き家だと、手間は通常の不動産と変わらないのに仲介手数料が稼げないため、担い手がなかなかいませんでした。すでに空き家バンクなどがありますが、運営する自治体によって力の入れ具合がさまざまだったり、老朽化した物件や農地の取り扱いがなかったりと利便性がいいとは言えない状況です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る