過去最高の空き家率でついに登場!「0円賃貸」のカラクリ

公開日: 更新日:

駅徒歩7分の7LDK

 2018年の日本の空き家率は13.6%、戸数は846万戸で過去最高を更新した(総務省「住宅・土地統計調査」から)。住宅地として人気のある東京都世田谷区が全国で最も空き家が多いエリアというニュースが話題になったばかりだ。地方だけでなく都市部でも空き家増加の流れが加速していくなか、首都圏近郊ではついに「家賃0円」の賃貸住宅が現れた。

 家賃0円物件は伊豆箱根鉄道駿豆線の田京駅(静岡県伊豆の国市)徒歩7分のところにある建物面積122.34㎡、7LDKの一戸建て。この物件を取り扱っている不動産会社リライト(横浜市)の相山和夫さんに話を聞いた。

「諸事情で建替えができない物件のため、地元の不動産会社に売却を持ちかけても断られたことで、所有者の方から相談が寄せられ、結局こちらで買い取らせていただくことになりました。その際、この物件を地域に活かすという約束をしているため、その条件に合った方に収益度外視でお貸しすることになったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る