過去最高の空き家率でついに登場!「0円賃貸」のカラクリ

公開日: 更新日:

駅徒歩7分の7LDK

 2018年の日本の空き家率は13.6%、戸数は846万戸で過去最高を更新した(総務省「住宅・土地統計調査」から)。住宅地として人気のある東京都世田谷区が全国で最も空き家が多いエリアというニュースが話題になったばかりだ。地方だけでなく都市部でも空き家増加の流れが加速していくなか、首都圏近郊ではついに「家賃0円」の賃貸住宅が現れた。

 家賃0円物件は伊豆箱根鉄道駿豆線の田京駅(静岡県伊豆の国市)徒歩7分のところにある建物面積122.34㎡、7LDKの一戸建て。この物件を取り扱っている不動産会社リライト(横浜市)の相山和夫さんに話を聞いた。

「諸事情で建替えができない物件のため、地元の不動産会社に売却を持ちかけても断られたことで、所有者の方から相談が寄せられ、結局こちらで買い取らせていただくことになりました。その際、この物件を地域に活かすという約束をしているため、その条件に合った方に収益度外視でお貸しすることになったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る