高級住宅街の東京・世田谷 2040年に「郊外」に転落の衝撃

公開日: 更新日:

 人口が減少する中でも、東京への一極集中の流れは途切れていない。しかし、その流れもいずれ止まることになる。

 人口のピークは東京都全体では2025年、23区では30年ごろだという(「2060年までの東京の人口推計」東京都政策企画局から)。

 現在、空き家問題が顕在化しているのは主に地方だが、人口の減少が始まれば、当然、東京の不動産にも影響が出てくるはず。

 不動産コンサルタントで、さくら事務所会長の長嶋修氏によると、「日本大学の清水千弘教授の研究では、日本の不動産価格が40年には10年と比べて46%下落すると想定されています。それは、東京23区内も無縁ではなく、その頃には、東京の不動産は3極化しているでしょう」。 

 3極化とは、①価値を維持する、または上がる(10~15%)②なだらかに下落し続ける(70%)③限りなく無価値、あるいはマイナス価値となる(15~20%)に分類される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る