経済環境悪化でも安定 25年以上連続増配の“配当貴族指数”

公開日: 更新日:

米国株編(12)

 新型コロナウイルスによる金融市場の動揺を抑えるため、米国は3月3日に緊急利下げを行った。しかし、株価の反応は薄く、下げ止まらなかった。この状況がしばらく続くなら、いまは危機に強い企業に投資したい。

 経済環境が悪化したときでも、着実に稼いでいる企業は存在する。簡単に見分ける方法のひとつが、配当貴族指数に採用されている銘柄だ。

 これは、米国を代表する企業500社で構成されるS&P500の中から、増配が25年以上続いている企業をピックアップした指数だ。25年以上なら2008年のリーマン・ショックの際にも増配を続けていたことになる。それだけ安定した利益を稼ぐ能力を備えている企業といえる。

 実際に、株価にも表れている。リーマン・ショック後の推移を見ると、配当貴族指数の上昇率がS&P500を大幅に上回っている。構成銘柄は定期的に見直しが行われ、その際に対象が40銘柄に満たない場合は、連続増配20年以上に対象を広げるが、それでもリーマン・ショックは乗り切っていることになる。配当貴族銘柄に手軽に投資するなら、指数に連動するETFや投資信託を購入するのがいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る