経済環境悪化でも安定 25年以上連続増配の“配当貴族指数”

公開日: 更新日:

米国株編(12)

 新型コロナウイルスによる金融市場の動揺を抑えるため、米国は3月3日に緊急利下げを行った。しかし、株価の反応は薄く、下げ止まらなかった。この状況がしばらく続くなら、いまは危機に強い企業に投資したい。

 経済環境が悪化したときでも、着実に稼いでいる企業は存在する。簡単に見分ける方法のひとつが、配当貴族指数に採用されている銘柄だ。

 これは、米国を代表する企業500社で構成されるS&P500の中から、増配が25年以上続いている企業をピックアップした指数だ。25年以上なら2008年のリーマン・ショックの際にも増配を続けていたことになる。それだけ安定した利益を稼ぐ能力を備えている企業といえる。

 実際に、株価にも表れている。リーマン・ショック後の推移を見ると、配当貴族指数の上昇率がS&P500を大幅に上回っている。構成銘柄は定期的に見直しが行われ、その際に対象が40銘柄に満たない場合は、連続増配20年以上に対象を広げるが、それでもリーマン・ショックは乗り切っていることになる。配当貴族銘柄に手軽に投資するなら、指数に連動するETFや投資信託を購入するのがいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

  10. 10

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

もっと見る