決算ラッシュ時期の米国 新型コロナウイルスで相場調整か

公開日: 更新日:

米国株編(8)

 新型コロナウイルスは、いまだ収束の兆しがなく、世界経済への影響が心配されている。ただし、「米国株にはそれほど大きな影響とならない」とみる専門家も多い。

 昨年10月以降、右肩上がりで上昇してきた米国株は、どこかで息切れする懸念があった。現在は、新型コロナウイルスの影響で相場の変動が大きくなっているが、これが調整となり、状況が落ち着けば、再び株価は上昇に戻るとの考え方だ。ちょうど米国企業は決算ラッシュの時期を迎えている。投資先を見極めるいい機会だ。

 先月24日に第4四半期(10~12月期)の決算を発表したアメリカン・エキスプレスは、バフェット銘柄としても有名。増収減益ではあるが、売上高、純利益ともに市場予想を上回り、株価は上昇している。2018年にコストコとの提携解消で痛手を受けたが、業績は復活しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

もっと見る