狙い目は上場間もない企業“テンバガー”が期待できる3銘柄

公開日: 更新日:

 今月末のEU(欧州連合)離脱が確実となった英国。トランプ米大統領は「EU離脱が実現すれば、米英両国間の貿易が2倍、3倍に拡大する可能性がある」としているが、すでに米国は英国の最大の貿易相手国となっている。今後さらに関係が深まれば米国経済にもプラスとなり、米国株はまだまだ期待できるだろう。

 そんな中、株式投資で大きな利益を狙うなら、上場間もない企業に投資をする方法がある。株価10倍を達成した銘柄は「テンバガー」と呼ばれるが、新規上場から間もない企業から多くが誕生している。12年に上場したフェイスブックにしても当初の株価は20ドル台で低迷していた。それがいまや220ドル程度まで上昇。典型的なテンバガーとなった。もちろん、歴史が浅い企業はリスクが高いが、米国株は1株から投資できるのがメリット。小遣いでも十分に挑戦できる。

 では、これからテンバガーが期待できる企業はあるか。最近上場した企業を見てみよう。ズーム・ビデオ・コミュニケーションズは、ビデオ会議サービスを提供する企業。昨年4月に上場し、直後は株価が急騰したが、10月以降は低迷している。しかし、業績は順調だ。売上高は急激に伸びており、2019年1月期の決算では黒字に転換している。ビデオ会議の分野ではリーディングカンパニーとされているから、今後が期待されるところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る