33年ぶり世界暴落ドミノ 東証とうとう1万7000円割れの衝撃

公開日: 更新日:

 下落率は軒並み、1987年10月の「ブラックマンデー」以来、約33年ぶりの大きさだ。WHO(世界保健機関)が「パンデミック」と認めた新型コロナウイルスの世界的流行などを背景に主要国の記録的な株安連鎖が止まらない。

 12日のNYダウは寄り付きから暴落。売買を15分間停止するサーキットブレーカーが再び発動。前日比2352・60ドル安(10%)の2万1200・62ドルで取引を終え、9日に記録した過去最大の下げ幅をあっさり更新した。

 欧州株式市場も主要国の株価指数はそろって、10%超下落した。特に感染者数が急増しているイタリアの株価指数が過去最大17%の大幅安。英FT100種平均株価指数は10.9%安でブラックマンデー以来の下落率を記録し、ドイツ12.2%、フランス12.3%とそれぞれ株価指数が落ち込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る