33年ぶり世界暴落ドミノ 東証とうとう1万7000円割れの衝撃

公開日: 更新日:

 下落率は軒並み、1987年10月の「ブラックマンデー」以来、約33年ぶりの大きさだ。WHO(世界保健機関)が「パンデミック」と認めた新型コロナウイルスの世界的流行などを背景に主要国の記録的な株安連鎖が止まらない。

 12日のNYダウは寄り付きから暴落。売買を15分間停止するサーキットブレーカーが再び発動。前日比2352・60ドル安(10%)の2万1200・62ドルで取引を終え、9日に記録した過去最大の下げ幅をあっさり更新した。

 欧州株式市場も主要国の株価指数はそろって、10%超下落した。特に感染者数が急増しているイタリアの株価指数が過去最大17%の大幅安。英FT100種平均株価指数は10.9%安でブラックマンデー以来の下落率を記録し、ドイツ12.2%、フランス12.3%とそれぞれ株価指数が落ち込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る