コロナ対策でケチ 安倍首相が目論む消費税減税のウルトラC

公開日: 更新日:

 ウルトラCを放つのか――。コロナ対策が後手後手に回り、景気も支持率も急降下している安倍首相は、消費税減税に踏み切るのではないか、という臆測が広がっている。

 コロナ騒動以来、消費税減税シナリオは流れていたが、11日、自民党の若手有志でつくる議連「日本の未来を考える勉強会」が西村康稔経財再生担当相を訪ね、“消費税率ゼロ%”を提言したことで改めて注目が集まっている。

 政界では具体的なスキームまで取り沙汰されている。

「減税するにしても、期間限定になるでしょう。深刻化するコロナ不況と、支持率下落を食い止めるためには、急いで実施しないと意味がない。でも、さすがに4月1日からは難しい。どんなに早くても5月1日から半年間、10月31日までの期間に限られるのではないか。税率もゼロ%ではなく、5%でしょう。消費税減税の期間が短いほど“駆け込み需要”も短期間に集中する。消費税率が10%に戻る前に高額商品を買ってしまおうという気持ちが強くなりますからね」(政界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  8. 8

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  9. 9

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る