松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「リアルインテリジェンス」で最新情報を提供中。

1年間の下落相場がスタート 株も不動産も買い推奨は警戒を

公開日: 更新日:

 今の激動の時代は知識を得て準備していた人に富が移動します。

 日本株は急落後、いったん上昇したものの続落、乱高下しています。

 暴落や乱高下する相場では多くの人が「損失」となる一方で、しっかり「利益」にする人たちがいます。

 今の相場は、まさしく知識がない人から、知識を得て準備している人に富が移動しているのです。

 本連載をしっかり読んで理解し準備していた人は、現在、利益になっている人が多いと思います。

 日本も米国も株式相場は大きな視点では天井圏であり、金融危機が再燃すると下落幅は大きく、短期的に上昇しても上昇幅は大きくないことを、お伝えしてきました。

 そして株式の長期投資では目先の天井で売りポジションを持ち、バブル崩壊の下落で利益を得ることを推奨してきました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  6. 6

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  7. 7

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  10. 10

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

もっと見る