松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「イーグルビュー」で最新情報を提供中。

楽観視せずに最悪を想定 相場の基本は政府発表を疑うこと

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスは中国経済に大打撃ですが、日本株はいったん下落後、上昇しました。今の「不景気の株高」の時期は、景気悪化材料が米国の金融緩和の期待となり、株価上昇することが多くなります。そして、米国株と世界の株は連動するので「新型コロナウイルスで株価下落」と「米国の金融緩和で株価上昇」の綱引き状態です。

 先週、米疾病対策センターのロバート・レッドフィールド所長は、新型コロナウイルスが米国内で広範に感染が拡大する最悪の事態に備えた準備を進めてきたことと、ウイルスが来年以降にも残り続ける可能性を示唆しました。だんだん新型コロナウイルスの世界への拡大が強く意識されるようになってきているので、株価下落圧力は強くなる方向です。

 前回、「報道を信じてはいけない」という話を書きましたが「政府の発表や方針を信じてはいけない」という視点も大切です。当初、新型コロナウイルスは「人から人へは感染しない」などの間違った認識や楽観的な認識から水際対策をしなかったことで感染が広がりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る