櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

谷深ければ山高し「ソフトバンクG」は今こそ買いどきか

公開日: 更新日:

 相場の値崩れと並行してバッケンレコードもかなり更新されてきた。値下がり2138銘柄、新高値ゼロ、新安値1721銘柄。25日線、200日線から20%以上のマイナス乖離。信用評価損益率マイナス31・02%。信用買い残の2兆円割れ。裁定買い残の2427億円。PER10倍台、PBR0・8倍台。

 データだけで診察する医師のような見方をすれば「最悪の時期」。しかし最悪はこれ以上悪化しないと考えれば「行き過ぎもまた相場」という声も聞こえる。

 物事の渦中にいると本質が見えなくなるというのは何回も経験してきた。今の戦いの相手は新型コロナウイルスという有機物だけではない。無機質なコンピューターとの果てしない不毛の戦い。斟酌も忖度も彼らのボキャブラリーには存在しないからややこしい。「人の行く裏に道あり」なんて古典的心理を持ち出してみても通用しない。だから余計に疲れ、不毛の値動きになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る