結城はるみ
著者のコラム一覧
結城はるみ投資アドバイザー

投資エバンジェリスト。ラジオNIKKEI第一「実践!投資の女神 注目銘柄分析」パーソナリティー。テクニカルアナリスト、FP。2014,16,17年の株1グランプリ・グランドチャンピオン&最多優勝ホルダー。Yahoo!ファイナンス、「ネットマネー」や「ダイヤモンドZAi」、宝島株ムックなど執筆多数。わかりやすく実践的な内容が好評で、全国で講演活動を行う。オフィシャルブログ「Realize」

新型コロナの蔓延で巣ごもり…生活防衛で注目の「セリア」

公開日: 更新日:

 足元では、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、渡航制限や封鎖を行う国が増えています。マーケットを見れば、恐怖指数であるVIX指数は、リーマン・ショック時を超え、過去最高を更新し、米株指数を中心にサーキットブレーカーが連発、原油は一時1バレル=20ドルを割るなど歴史的な事象が多数発現しています。

 各国で大規模な経済対策が打ち出されていますが、いまだ終息の兆しが見えない中では不透明感がまだまだ大きい状況です。先行き景気不安が膨らむ中、今回は「巣ごもり銘柄」「生活防衛意識の高まり」に注目して、セリア(2782)をピックアップします。

■100円ショップを全国展開

 セリアは、みなさまもご存じの100円ショップを展開しています。100円で買えると思えないほどのバリエーションの豊富さは消費者としてはありがたい限り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  4. 4

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

もっと見る