藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之株式評論家

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

「アンジェス」独自技術で新型コロナワクチンの開発を発表

公開日: 更新日:

 先週も、NY市場が連日の乱高下で、歴史的な大暴落となりました。NYダウは一時2万ドルを割り込み、2月12日の史上最高値2万9568ドルから、1万ドルを超える下げ。日経平均株価も、1月17日の年初来高値2万4115円から、1万7000円を割り込む大暴落となっています。

■日経平均は底値圏か

 米FRBが1%の緊急利下げし量的金融緩和を再開。日本銀行もETFの買い入れ枠を年6兆円から12兆円への増額など、平時であればビッグサプライズの金融政策を矢継ぎ早に打ち出していますが、株価下落は止まりません。日経平均株価の株価純資産倍率(PBR)は、リーマン・ショック時の最低値0・81倍に接近しており、解散価値で考えても底値圏に到達したといえます。

 その中での光明は富士フイルムホールディングスが、18日にストップ高したことです。子会社の富山化学が開発した抗インフルエンザ薬「アビガン」が、中国で有用性が確認され、後発薬が中国企業によって生産されるとのニュースがあったからです。その他にも、抗HIV薬などの有効性も指摘され、続々と治療薬候補が見つかっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

もっと見る