山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

中国も認めた有効性 特効薬アビガンが市場の混乱を鎮める

公開日: 更新日:

 世界は新型コロナウイルスに対して、ようやく有効な対抗手段を手に入れた。中国政府は先週、富士フイルムホールディングスの抗インフルエンザ薬「アビガン」について、臨床研究の結果、新型コロナウイルスへの有効性が高いと発表した。医療現場で治療薬として使うよう推奨し始めたという。日本でも2月から試験的な投与が始まっている。

 当初は米ギリアド・サイエンシズ社の抗エボラウイルス薬「レムデシビル」が治療薬として最有力とみられていたが、こちらは4月にならないと治験結果が出ないという。しかも、まだ世界のどの国でも未承認薬のため、抗インフルエンザ薬として承認済みの「アビガン」の方が現時点でははるかに安全性が高いといえる。

「アビガン」は妊婦以外には副作用が非常に少なく、耐性菌が生まれないため、予防薬としても使えることがポイントだ。今は感染していても、重症者でなければ自宅療養を強いられるだけで、治療薬は処方されない。有効な治療薬がもらえるかどうかで、感染者の心理状態には雲泥の差が出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る