強まる“取引先”への疑心暗鬼「倒産したのか」の問い合わせ

公開日: 更新日:

 コロナ関連倒産は増加の一途だ。2月2件、3月23件、4月84件……と勢いが止まらない。そのため、多くの会社が自分たちの経営を懸念するだけでなく、「取引先は大丈夫か」と疑心暗鬼を強めている。

 4月22日、企業の倒産情報を扱っている弊社(東京商工リサーチ)に、都内にある製造業A社について、「きのうまで電話に出たのに、きょうになって連絡がつかなくなった」と問い合わせがあった。売掛金も相当額あるようで「事業を停止するなら、すぐ回収に向かいたい」と切迫した声だった。当日午後に早速、現地に向かった。

 A社は都内23区内でも昔ながらの下町風情が残る住宅街にある。創業から長らく一族で経営してきた。代表者は地域活動に積極的で、古くから町内に住む人には「お馴染みさん」的な存在だ。企業情報を見ると代表者は70代と高齢。「もしかしたら……」の思いで急ぐと、自社ビルに明かりはついておらず、「お休みします」の張り紙もない。玄関をノックしても応答がない。結局、この日は何の手掛かりもなく帰社した。だが、「コロナ倒産かも」という気持ちは晴れなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    コロナ禍で会社の業務が縮小 再雇用「更新なし」に大慌て

もっと見る