櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

みらいワークス 副業マッチングサービスで株価5ケタ再挑戦

公開日: 更新日:

 先月の未来投資会議で「兼業・副業の促進」が打ち出された。資料にあるアンケート調査によると、現在の仕事・働き方の問題を解消する、または満足度を高めるための取り組みとして「副業」を挙げる割合は66%、「フリーランス」を挙げる割合は46%だった。

 促進案は「若いうちから将来を見据えて、自らの希望する働き方を選べる余地をつくっていくことが必要」。兼業・副業など多様な働き方への期待が高く副業支援は国策とマッチしているということだ。

 その最前線に位置しているのがみらいワークス(6563)。目指しているのはライフステージに応じて「独立」「起業」「副業」「転職」を自由に選択できる社会をつくるための「プロフェッショナル人材のためのプラットフォーム」。日本最大級のプロ人材サービス会社だ。

 ロボティクス事業を展開するイノベーションネクストと業務提携契約を締結。groovesとの合弁会社であるスキルシフトを設立。地方中小企業の経営課題と都市部人材の持つ業務スキルを「副業」でマッチングするサービスを開始。「地方」エリア、「副業」サービスへの展開に期待感は高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る