藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

CGで完成住宅再現が大人気「地盤ネットHD」の新規ビジネス

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染の第2波への懸念などから、株式市場は軟調な状況となっています。新型コロナのDNAワクチンで治験を開始したのに、アンジェス(4563、東証マザーズ)は急落。東証マザーズ指数は1000ポイントを割り込み、大きな下落となっています。

 日経平均株価、東証マザーズ指数とも25日移動平均線を明確に割り込んだため、いったん、戻り相場は終了。今後は個別の銘柄選択が非常に重要な局面です。コロナ禍を逆に大きな追い風として、大きく成長しそうな企業のみが選別して買われる相場展開となりそうです。

 今回ご紹介するのは、地盤ネットホールディングス(6072、東証マザーズ=投資金額約2万円)です。地盤改良工事をせずに第三者的な地盤解析に特化。地盤調査や地盤補償も行っています。住宅着工が伸び悩み、調査単価下落から、業績が悪化し、本社移転やベトナム子会社を活用してコストを削減しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る