櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

株価5ケタに期待「オプティム」…“ネットを空気に”掲げる

公開日: 更新日:

 2014年に東証マザーズ上場。15年に東証1部への市場変更。そのどちらもMXTVの「東京マーケットワイド」でインタビューを担当したのがオプティム(3694)。折々に縁を感じる銘柄の一つだ。

 当時も1年間の成長の軌跡をきっちり感じたが、その後の5年も同様の成長過程を歩んでいる。同社は佐賀を起点として成長を拡大し今では全国区の企業。知財戦略に基づく豊富な技術力、事業創造力を背景に、常に革新的なサービスを提供し新しい市場を開拓してきた。

「当社はネットを空気に変えるというコンセプトを掲げ、もはや生活インフラとなったインターネットそのものを空気のように、まったく意識することなく使いこなせる存在に変えていくことをミッションとして、創業以来すべての人々が等しくインターネットのもたらす創造性、利便性を享受できるようなサポートをするプロダクトの開発に尽力しています」と菅谷俊二社長。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  5. 5

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る