Go To イート開始も…外食産業8割以上が窮地の厳しい現実

公開日: 更新日:

 10月1日からGo To イートがスタートした。感染拡大防止と外食支援のどちらを優先させるか――。

「かなり難しい問題ですが、外食産業の不振ぶりを目の当たりにすると、何か手を打たないと大変な事態に陥るという感覚はあります。大手チェーンですら大きく落ち込んでいます」(市場関係者)

 帝国データバンクは「上場企業(外食産業)の月次売上高動向調査(2020年8月分)」をまとめている。その結果にはガク然だ。調査対象の62社のうち、何と全体の8割以上となる52社が前年同月を下回った。居酒屋「はなの舞」を展開するチムニーは72・0%減、ワタミは62・7%減、居酒屋「天狗」のテンアライドは59・5%減だった(別表参照)。

 そのほか、ドトール・日レスHDの「ドトール」は30・5%減、ファミレスのすかいらーくHDは25・9%減、鳥貴族は43・1%減、吉野家HDは15・4%減……と有名チェーンも大きく沈んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る